かぴばら先生は語る

かぴばら先生は語る

毎日を本とのおしゃべりで費やしておりますわたくしが今迄の読書体験で「これはイイ!」と感じた作品を紹介していきます。

MENU

ミステリー

テレビドラマ放送中!「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」の雰囲気は至高である

「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」の作者は太田紫織さんと云う方で子供のころからコナン・ドイルやアガサ・クリスティの作品を愛読していたようです。なるほど、確かにこの作品「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」の推理構造は所謂、名探偵が…

本格ミステリーの復活「占星術殺人事件」を読まずしてミステリーは語れない

今や推理小説として圧倒的な市民権を得た新本格もちょっと昔まではこういった推理小説は認められていなかったんですね。新本格の推理作家さんで有名なのは綾辻行人さん、有栖川有栖さん、法月倫太郎さん、歌野晶午さん、京極夏彦さん、我孫子武丸さん、森博…

「葉桜の季節に君を想うということ」には賛否両論が多いようだ

今回紹介するのはミステリー好事家界隈では有名な歌野晶午さんの有名作「葉桜の季節に君を想うということ」です。所謂どんでん返し系統に属するであろうこの作品、私も見事に騙されましたが、この騙されたトリックに対してミステリーファンには賛否両論ある…

「忌館 ホラー作家の棲む家」の世界はリアルかフィクションか

三津田信三さんの作品は面白いですよね。ホラー作品は勿論、ミステリーもお手の物。最終的にその二つを融合したホラーミステリーなんて代物を世に送り出し今でもその融合性を高めんと小説を出し続けています。有名なのは刀城言耶シリーズ「厭魅の如き憑くも…

おすすめミステリー、メフィスト賞受賞作「冷たい校舎の時は止まる」

辻村深月さんと云えば今やいわずもがなの有名作家さんです。「ツナグ」では吉川英治新人賞を、「鍵のない夢を見る」では直木三十五賞を受賞されている実力派です。ここ数年には本屋大賞のノミネートも度々されています。今までの栄光、そしてまだまだこれか…

おすすめSF作品!夭折の作家デビュー作「虐殺器官」で最高の読書体験を

若くしてこの世を去った夭折の作家、伊藤計劃。今回は伊藤計劃の処女作にして最高傑作と呼び声高い作品「虐殺器官」について紹介していこうと思います。文庫本の装丁からこの作品のただならぬ雰囲気が醸し出されています。表紙の上方を「虐殺器官」と「伊藤…

西尾維新デビュー作!「クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い」

今回紹介するのは今や大人気作家として活躍される西尾維新さんの処女作にしてメフィスト賞受賞作!「クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い」です。西尾維新さんと云えばアニメ化や映画化も果たした物語シリーズが有名ですがそのシリーズと同じくらいに、…

社会派青春ミステリー「1/2の騎士」は私の大好きな小説の一つです!

今回紹介するのは初野晴先生によるミステリー小説「1/2の騎士」です!私は初野先生が大好きなんですよね!一読者が云うには憚れるのかもしれませんが今でもご自身でも云っておられますが初野先生はいわゆる中堅作家と云う位置づけで大々的にはあまり有名…