かぴばら先生は語る

かぴばら先生は語る

毎日を本とのおしゃべりで費やしておりますわたくしが今迄の読書体験で「これはイイ!」と感じた作品を紹介していきます。

おすすめSFファンタジー「ペンギン・ハイウェイ」で不思議な冒険

f:id:kapibarasensei:20170423160534j:plain


森見登美彦さんと云えば腐れ大学生の下らない物語を文語調の文体で面白おかしく描く作家さんとして読書家界隈では有名ですが、今回紹介するのはそんな今まで思っていた森見作品とは一風変わった小説です。

第31回日本SF大賞受賞作品、「ペンギン・ハイウェイ」について今回は紹介したいと思います。

高校生の夏、期末テスト期間中で本来ならテスト勉強に打ち込まなければいけなかったんですが、ついつい気になって勉強そっちのけでこの作品を最後まで読んだことを思い出します。

最後まで読み終わった後は様々な感慨が濁流のように自分に押し寄せて結局読み終わってもテスト勉強には身が入りませんでした(笑)

いい思い出です。

そんな「ペンギン・ハイウェイ」詳しく紹介していきます!

ペンギン・ハイウェイ

ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)

ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)

 

ぼくはまだ小学校の四年生だが、もう大人に負けないいろんなことを知っている。毎日たくさん本を読むからだ。ある日、ぼくが住む郊外の街に、突然ペンギンたちが現れた。このおかしな事件に歯科医院のお姉さんの不思議な力が関わっていることを知ったぼくは、その謎を研究することにしたーー。少年が目にする世界は、毎日無限に広がっていく。第31回日本SF大賞受賞作。解説・萩尾望都

 
と云うのが文庫本裏表紙のあらすじ。

主人公、小学四年生のアオヤマ少年の住んでいる街のとある空き地に突如としてペンギンが現れました。

そして空き缶をペンギンに変えている歯科医院のお姉さんを目撃するアオヤマ少年。

不思議なことがあふれた街を研究しようと奮闘するアオヤマ少年たちのワクワクする冒険!

小学生でありながら大人であろうとするアオヤマ少年の純粋でひたむきな思いに心が揺さぶられます。

こういった純朴な気持ちと云うものを見ると何だか感動してしまいます。

気になった方は読んでみてください。

読んだ感想


主人公のアオヤマ少年はお姉さんのことが気になっているんですね。

気になるというとどんな感情なのでしょうか。

やっぱり恋愛? それとも憧憬?

似ているようで違う感情とは得てしていっぱいあります。

今作のアオヤマ少年がお姉さんへ向ける感情もどうなのでしょうか?

不思議な力を持っていたり、ほかの大人の人とは一線を画す、また違った大人の雰囲気を醸し出す歯科医院のお姉さん。そんなお姉さんにアオヤマ少年はあこがれているようにも見えますが……

対して小学生なりにもそれは恋とも呼べる感情を向けているようにも見えます。

それら様々なことを推察できるアオヤマ少年の心情はしかし一貫してどれも純朴です。

そんなひたむきなアオヤマ少年を見ていると読んでいるこちらも心が洗われた様な感覚を感じました(笑)

アオヤマ少年の周りにはいろいろな不思議な出来事が起きます。

そんな不思議な出来事を仲間のみんなと一緒に研究と題して冒険をしていく。

ワクワクの冒険小説としても楽しめる作品となっていると思います。

最後のシーンでは現実なのか空想なのか分からない世界でアオヤマ少年は自分の気持ちをお姉さんに伝えます。

そのシーンは感動です。

おすすめ「ペンギン・ハイウェイ」でした!

最後に


森見登美彦作品はこれで二作目の紹介となりました。

今期のアニメでは「有頂天家族2」も絶賛放送中と云うことでこちらもお見逃しなく!

それでは今回はここまで(^_^)/~

ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)

ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)

 
広告を非表示にする